fbpx

Halloween

初の渋谷参戦

毎年テレビでみるすごい光景に、
「絶対にHalloweenに渋谷になんか行かない」と思っていたのだが、
シェアハウスのドイツの友達(NINA)がいるので、せっかくだからとHalloween in Shibuyaに行ってきた。

なんだかんだ張り切り、二人でマリオ&ルイージのコスチュームをまとい、おうちでメイク。
100均のアイラインシールはドイツ人のNINAには規格違いで浮いてしまい、
ブラックアイライナーで隠したらパンダ目のようになってしまった。
それでも彼女は外人さんだからか、すごくきれいだった。うらやましす。
やっぱり目元の違いって大きいんだ!そして日本人(っていうか私!?)目の曲線のなさ。
っていう大発見?再発見?
なんだかおもしろい準備時間になったw

いざ渋谷へ!!!!
最寄りの駅の普通さ。。。だれも仮装なんかしてやしない。
いやいや渋谷に向かう途中なら会うだろうと思っていたのでだが
渋谷についてやっと仮装の何人かに会うことができた。まじかーーーー!!

でもでも、ハチ公に行くにつれて徐々にやばい仮装の人が多くなり、
ハチ公前はすごかった。外人さんが60%くらいをしめていた。

センター街とかあまりにすごくて、NINAに「日本人のこういう文化ってどう思う?」
って聞いたら、「ドイツでも同じだよ。カーニバルのときはこんな感じだよ」って。
やっぱりみんなおんなじ人間なんだぁ。
なんか嬉しくなったなぁ。

2人で道玄坂、センター街を歩いていろんな人と写真を撮りつつドーナツを食べつつ
久しぶりにプリクラなんか撮りつつ、
あまりの寒さに1時間で断念。帰路につきました。

おうちに帰ってもみんなが飲み会してたから、早歩きで帰宅。
やっぱりシェアハウスのここがいいよね。家族が家にいる。

ここが私の真髄。帰る場所があるってこと。

ってまた長い話になっちゃうので今日はハロウィーンについてねw

ドイツではハロウィーン自体は特になにもないらしいんだけど、3月にカーニバルみないのがあるらしい。
それよか、クリスマスにある1週間のクリスマスマーケットっていうのが楽しいらしく、
絶対NINAがドイツにいるときに一回1ってみたいと思う。

日本の文化(!?)を楽しんでもらえてよかった。
ハロウィーンに関しては賛否両論あるけど、要はごみ問題が一番大きいのでしょう。
人間はめを外して楽しむことって大切。
それがもっとマナーとか大切にしていけば、バッシングも少ないのにね。
もったいないね。

児童の声がうるさいからと、保育園建設を反対する大人。
なんか国的にもっとなんとかならんものか。

立ち向かえ若者たち。
私は今こそ若者たちが立ち上がり日本を変えていく時だと思っている。
今が大きなチャンスだよね。

やってみたい人この指とーまれっ!!!www
blog%e7%94%a8halloween2

blog%e7%94%a8halloween%ef%bc%91